石原真理子、プッツン再開後の「悲惨」

印刷

   石原真理子がこれまでの男遍歴を実名で書いた「ふぞろいな秘密」にはびっくりした。久しぶりに驚いた。オレなんか昨日もう、本を買ってきて読んじゃったよ!

   吉本興業関係では、明石家さんまと木村一八が出てる。さんまちゃんなんか、「素朴」とか書かれて、ちょっと気の毒だけど。ちなみに“トップアイドルのK”って名前が隠れているのは、マッチらしいね。近藤真彦。これはジャニーズ事務所に敬意を表して、ってところだな。

   こういうふうに実名で出してくる著者がいて、出版社がいるというのはとても衝撃的。関係者からみたら踏んだりけったりだ。でも、読者としてはきわめて気持ちがいいね。これだけはっきり書いてくれると、イニシャルで頭を悩ます必要がないから。

   石原真理子は、オレが吉本にいるとき「吉本興業に入れてくれ」ってきて、一瞬だけ吉本にいたことがある。アメリカから帰ってきたときに会ったけど、そのときはもうちょっと太ってたなあ。

   彼女としたら、これをきっかけに復活したいというのもあると思うけど、かえってますます遠のくんじゃないか? “プッツン再開”では怖いもんね、やっぱり。最後の悪あがきという感じだけれど、現実は厳しいだろうな。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中