王子系No.1の千秋さまにホレボレ (のだめカンタービレ)

印刷

   ドラマの中のいい男探しが楽しみである。

   今期ガテン系No.1が「セーラー服と..」の堤真一なら、王子系はやっぱり「のだめ」の千秋さま(玉木宏)でしょ。ナルシストでドSだけど、キチャナイのだめ(上野樹里)を風呂に突き落としてくれるし、おまけにメシまで作ってくれる。ホレボレだわ。

   自由気ままな周りの人々に振り回されて、美しい千秋さまのお顔がみるみる引きつるのが醍醐味って、私もS?

   キャラも描写も、原作がマンガであることにとことんこだわった作り。深い穴に吸い込まれていったり、パコーンとすっ飛ばされたり。

   のだめのせいでこたつの魔力にズルズル引きずり込まれる千秋の非常事態。貧乏=「マッチ売りの少女」「フランダースの犬」を思い浮かべてしまうセレブな彼が、マンガやオモチャを嬉しそうに差し出すのだめに「そんなもの買ってるから食べる金がないんだぁーっ」と怒りの鉄拳も、ごもっとも。思わず吹き出してしまった。

   笑わせながらも、オーケストラなどのシーンはきっちり魅せる。音楽のことは正直わからないけれど、指揮者やメンバーの表情で、素晴らしい演奏であることが伝わってくる。Sオケのアクションつきベートーヴェン、千秋とのだめのラフマニノフの連弾、わくわくした。モーツァルトの楽曲がいぶし銀からピンク色に変わっていくさまも面白い。

   類まれなる感性をもちながら、あんまりやる気のないのだめが、恋のチカラでこの先どう変わっていくのか大いに期待。

文   ツキノ・ワグマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中