2018年 7月 23日 (月)

男には恥ずかしくて
できないよ

印刷

   内閣府の調査だと、韓流ブームは過去形になりつつあるという。ところがどっこい。日本のご婦人にとって「微笑の貴公子」ヨン様人気は延長戦になっているようだ。

   この日のスッキリ!!は済州島で開かれた<韓流エキスポ >に大挙押しかけたご婦人軍団に密着。その数2500人。平均年齢54歳、代金16万円~の巨大ツアーだ。・・・異様です。

   ヨン様信者はゲタゲタ笑いながら、テレビカメラに向かってまくし立てた。

   「テリー伊藤に、どんな神経をしているんだといわれそうだけど気にしない」。これにはテリー本人も苦笑するばかりでポツリ。

    「男には恥ずかしくてできないよ。むしろうらやましいよ」。筋金入りのご婦人たちに迫力負けでした。

   激辛キムチの国の、蜂蜜をべっとり垂らした上に砂糖をまぶしたようなにやけマスク。お茶漬けさらさらの国の男性としては「なんでだろ?」。やっかみ半分の理解不能な不思議現象。 

「何が、どこが美しい国なんだ」

   ラジカル系のゲスト勝谷誠彦がテーブルをバンバン叩いてまくしたてた。「こういう問題は政治家の出番なのにバカな・・・政治家の顔が見えるいいチャンスなのに」

   イラン人のアミネ・カリルさん(43)一家に対する国外退去処分が確定した問題に斬り込んだ。

   「何が、どこが美しい国なんだ」。スタジオは勝谷を先頭に「人道的な配慮を」にヒートアップした。「娘さんには罪なんかないからね」と加藤浩次も応じる。

   アミネさん一家は日本での生活が16年。「在留特別許可を下さい」と出頭したのだが、長勢法相は「基本的には(イランに)お帰りいただきたい」。

   「きびしいです、つらいです、悲しいです」と父親はいう。ふたりの子供は日本人として教育を受け、保育園の先生になりたいという長女のマリアムさんは短大に合格したばかりだ。いま全国に70万人を数えるという不法滞在者問題に肉薄したインパクトにマル。

   12・11。朝ワイドにとって「おいしい日」です。新聞の朝刊が休み。朝刊を読んで一日が始まるという方は「あれー、休刊?」そのかわりとして「いつもより」熱心に朝ワイドに注目。「いただきぃ」のTV局はニュースの大盛りサービス。

   ところで新聞各社の一斉休刊、購読料の横並びはおかしいと思いませんか。みんなで休めば怖くない――これは新聞業界の‘談合‘です・・・と直言しながら、J-CASTのボスになり代わって、どさくさまぎれにCM。

   ・・・J-CASTニュースを訪問しましょう。ネットで朝刊をどうぞ。必要な情報が早い、ポイント的確、親切な情報処理、週刊誌風ネタの話題完備。そして無料!テレビウォッチという気の早い福袋サービス付き。新聞が休んでもテレビを見なくても「お任せあれぃ」。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中