握るように持って
押し出して・・・

印刷

   世田谷の宮沢さん一家4人殺害事件からまもなく6年になろうとしている。昨日は追悼集会が行われ、宮沢みきおさんの父である良行さんのメッセージが流れた。

   「うちにはなんのお宝もなかったが、4人はうちの宝だった」と静かに語り、「大変でしょうけれど、4人にかわって(犯人逮捕を)お願いします」と捜査員に向けて、涙を流しながら深々と頭を下げた。

   これを見ていたみのもんたも、こみ上げるものがあったのか、若干目を潤ませていたようだったんである。

   犯人逮捕のナイスアシストとなるべく、朝ズバッ!はこの事件をあらためて詳報した。といってもやはり目新しい情報はない。視聴者には見慣れたトレーナーにスニーカー、ヒップバッグ・・・。たぶん犯人はもうこのたぐいのファッションはしていないだろう。

   みのが「カップのアイスを握るように持って、押し出してムシャムシャと食べながら・・・」と犯人の様子を再現して見せたところが、なにか唯一新鮮な光を放っていたシーンだった。

「冬だとさびしいもんね」

   朝ズバッ!のお天気コーナーは気象予報士の根本美緒の担当で、赤坂TBS前から中継されている。

   その場所は通称「愛の小道」と呼ばれてる。このネーミングセンスかなり笑えるんであるけど、灰色のコンクリートに濡れ落ち葉がところどころ張りついていて、愛は全然感じられないところだ。

   そこに本日、クリスマスツリーが登場。根本がツリーを紹介すると、みのは「愛の小道も冬だとさびしいもんね」と応じた。だが、じつはこの台詞は数日前と同じもの。みのの"天の声"が効いたのか、せめてもの愛をってことでツリーを置いたらしい。

   でも…なにか変だ!? と思ったら、ツリーがピサの斜塔風に傾いている。風が強いので放送前に倒れ、曲がってしまったんだとか。

   気温一ケタ台の寒さのなか、鼻を赤くしても笑顔満開で、元気のステレオタイプのような根本と、斜めにひん曲がったツリーが笑えるコンビになっていた。

   みのがエンターテイナー精神を発揮。世田谷の事件で神妙だった以外は、ニュース番組の枠をハミ出し気味に、くだらない駄洒落やジョークで笑わせ、マジメすぎる月曜のコメンテイターをカバーした。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中