史上初「完全生放送」のラジオドラマ 文化放送

印刷

古典落語の名作をもとにした2時間のラジオドラマ「芝浜」が2006年12月15日午後7時から、文化放送で生放送される。東京・浜松町の文化放送のホールに約50人の観客を集め、俳優のセリフだけでなく、音楽や効果音まですべて生で演じるという画期的なラジオドラマで、「ラジオ史上初の試み」(文化放送)だ。
主演は風間杜夫と石田ひかり。落語の「芝浜」の夫婦を演じつつ、現代に生きる夫婦でもあるという二役に挑戦する。江戸時代と現代を行きつ戻りつしながら、江戸の人情話が勝ち組・負け組に象徴される現代社会にも通じるという人間ドラマが展開される。
文化放送は「落語とラジオはどちらも“言葉と音”でイメージを伝えるという点で共通している。ラジオの前のリスナーに、どれだけイメージをふくらませてもらえるかが勝負だ。すべてが生なので何が起きるか分からない。スリリングであると同時に、とても楽しみだ」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中