日テレよ、沈んでしまう前に冒険を!

印刷

   日本テレビがいまピンチである。CMで「日テレ、ちん!」ってやってるけど、このままじゃ「日テレ、沈!」になってしまいそうだ。

   2002年までは9年連続で視聴率四冠王を取ってがんばっていたが、いまやその面影はない。独走するフジテレビにとても追いつけそうもない。

   低迷の一番大きな原因は、芯張り棒だった巨人戦がニッチもサッチもいかなくなっちまったということだろうが、さらに自信をなくして迷路に入っちゃった。番組を見ているとすべておとなしく、活気がない。手馴れたところで処理している感じで、全然冒険していない。これはとってもヤバイ兆候なのだ。

   オレとしては、こんなときこそ制作のプロデューサーとやディレクターに奮起してもらいたい。新しいことにもっとチャレンジしていってほしい。

   日テレの水曜深夜に出演者が土管の中に寝っ転がってしゃべる番組がある。日テレのみなさんも、土管に寝そべってしゃべってみたらどう?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中