2018年 5月 25日 (金)

「上半身がちゃんとしていればいい」

印刷

   本間正明スキャンダル。結局「一身上の都合で」政府税調会長を辞任することになったが、これをめぐって大激論。

   大谷昭宏が「(安倍は)判断ができない。タウンミーティング、造反組など、これで4連敗。あとひとつあれば、(民主党の)前原状態になるところ。非常に未熟」と辞任は当然というのに対し、橋下徹が猛然と反論。

   「何で辞めなければいけないのか。官舎を出るべきはあそこに住んでいる役人連中で、みんな喜んでる。(税調会長は)上半身がちゃんとしていればいい」と。

   しかし、大谷と川名紀美は「売却しろといってる官舎に入るような神経の人間が、痛みを伴う税制づくりにかかわるなんて許せない」

   解説のテレビ朝日政治部記者の三反園訓は「結局、世論を見誤った。もっと早く辞めさせるべきだった。ポスト安倍はいないんだから、橋下さんみたいに、世論を気にせずどんどんやればいい」と。

   どの意見も、みんな正しいのだ。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中