漫才日本一優勝コンビ 賞金の使途は「冷蔵庫」

印刷

若手漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2006」が12月24日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、過去最多の3,922組が参加した予選を勝ち抜いた9組が出場し、完全生中継された。優勝は福田充徳の「チュートリアル」。京都市出身の幼なじみ、徳井義実(31)と福田充徳(31)が98年3月に結成した。優勝賞金1,000万円は折半するといい、使い道は福田が「バイクと自転車」と答え、徳井は「愛車磨きと祇園で芸者遊び」に加え、決勝予選でネタにしていた「冷蔵庫」と答えた。同番組は2001年にスタートし、プロ、アマを問わず、コンビ結成10年以内なら誰でも出場でき、年末恒例「お笑いの祭典」として定着している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中