「夕張はヒーローだった」

印刷

   夕張市の財政破綻が明らかになってから、この番組も9回とりあげているそうだが、第10弾が「笑顔の年末年始」の話題あれこれ。

   なかで、市の予算がなくて開催が危ぶまれた成人祭を、手作りでやろうとしている新成人の土屋美樹さん(19)の実行委は、番組が応援してきた。おかげで夕張市民はもちろん全国からも募金が集まって、明後日の開催にこぎつけた。

    だから、キーワードは「感謝」と「手作り」、テーマは「ありがとう」なのだそうだ。過去の放送でのみのもんたもちょっと流れたが、いい話だけに、ナマでないのが弱い。

   ほかに、暮れに夕張に赴任にした村上智彦医師(45)の大晦日のルポ。財政破綻で総合病院から診療所に変わるところへ、あえて乗り込んだのは?の問いに、「夕張はヒーローだったんですよね。炭坑から観光への切り替えで成功した」。道産子の心意気、スタジオの気のないコメントよりはるかによかった。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中