2018年 7月 23日 (月)

「夕張はヒーローだった」

印刷

   夕張市の財政破綻が明らかになってから、この番組も9回とりあげているそうだが、第10弾が「笑顔の年末年始」の話題あれこれ。

   なかで、市の予算がなくて開催が危ぶまれた成人祭を、手作りでやろうとしている新成人の土屋美樹さん(19)の実行委は、番組が応援してきた。おかげで夕張市民はもちろん全国からも募金が集まって、明後日の開催にこぎつけた。

    だから、キーワードは「感謝」と「手作り」、テーマは「ありがとう」なのだそうだ。過去の放送でのみのもんたもちょっと流れたが、いい話だけに、ナマでないのが弱い。

   ほかに、暮れに夕張に赴任にした村上智彦医師(45)の大晦日のルポ。財政破綻で総合病院から診療所に変わるところへ、あえて乗り込んだのは?の問いに、「夕張はヒーローだったんですよね。炭坑から観光への切り替えで成功した」。道産子の心意気、スタジオの気のないコメントよりはるかによかった。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中