「いずれも家庭環境の希薄さを感じる」

印刷

   東京・渋谷の女子短大生バラバラ殺人事件の続報をメインで扱った。とくに今朝は、奈良県で起きた高校1年生による放火殺人事件との共通点について分析。今回の猟奇的事件の真相がまだ見えてこないだけに説得力があった。

   両事件の共通点として、ゲストのジャーナリスト・草薙厚子は「どちらの事件にも、追い詰められたプレッシャーがあった。奈良の事件では父親から『今度ウソをついたら殺すぞ』と言われたのをまともに受け止めてしまい、最初は父親を殺そうと思った。渋谷の事件も妹から『夢がないね』といわれたのをまともに受けている」。

   この点について、ゲストの精神科医・作田明は「幼稚な判断力では共通している。受験勉強を強いられるなかで社会的な刺激が入ってこないので判断力が発達しなかった」と見る。また、草薙はもう一つの共通点について「共に医者の家庭に育ったが、どちらも家庭環境の希薄さを感じる。周囲の家族の誰も当人たちの悩みに気付いていない。親は、次兄と妹を残していけば暴力沙汰になるのが分っていながら出かけている。無関心だった」と指摘する。

   “親の心、子知らず”の逆から生じる事件はむごい。そのことを印象付ける番組の突っ込みだった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中