選挙民のみなさんにも
責任がありますよ

印刷

   政治資金の不透明な扱いの疑惑が広がっている。松岡利勝・農水相と伊吹文明・文科相の政治団体が、議員会館を事務所としながら高額の事務所費を政治資金報告書に記載していた。

   事務所費をめぐっては先に、佐田行革担当相が辞任したばかり。安倍首相の任命責任も含め、通常国会の焦点になるのは間違いない。

   伊吹氏のは飲食費、松岡氏は花代などが含まれていた。両氏とも「地方事務所の経費などを含む」として、処理は適切としているが、領収書のいらない事務諸費だけに、同じ疑惑は他の与野党議員にもある。まだまだ拡がりそうだ。

   みのもんたは「選んだ選挙民の方にも責任がありますよ」と、例によってズバッと言う。その通りだが問題はね、みのさん、選挙民はつぎの選挙までには、忘れちゃうことなんですよ。

「男だか女だかわからないけど、何かにおいますよね」

   新宿と渋谷でみつかった男性のバラバラ死体事件、犯人は妻(32)だった。被害者は外資系証券会社の社員(30)。自供から頭部も昨日、町田市内の公園でみつかった。若くて高給をはむニューリッチの夫婦に何があったのか。

   「口論をするようになり、暴力も振るわれた」からと、寝ている夫の頭をワインボトルで殴って殺害したという。遺体は台車、タクシー、電車で運んで捨て、手首などは生ゴミで出したんだと。みのもんたも「生ゴミで出したんだと」とか何とか、口数の割に言葉は冴えない。

   逮捕の決め手は、マンションの防犯ビデオ映像だった。失踪を不審に思った会社の同僚が、マンション管理会社に頼んで、防犯ビデオで犯行日の前夜に夫が帰宅したことを確認していた。妻はこの事実と矛盾する捜索願を出していたため、かえってマークされることになったのだとか。

   ゲストコメンテイターの高木美也子が「同僚というのが、男だか女だかわからないけど、何かにおいますよね」。女の嗅覚は鋭い。

   同じニュースを何度も繰り返して伝えるというスタイルが、この日も気になった。出演者のテンションの問題だ。この日はとくに、妻が夫を殺してバラバラという衝撃的な事件が中心だったから、早い時間の方がノリがいい。かんじんの「8時またぎ」では、みのをはじめ出演者のテンションが下がっているのがありあり。

   そこだけ見ている視聴者はわからないだろうが、そもそも同じ人間が同じ問題で何度もコメントして、テンションを保つのは難しいものだ。そのために飛び入りのコメンテーターがいるわけだが、今日はまったく冴えなかった。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中