2018年 6月 21日 (木)

「千の風になって」オリコン首位、クラシックで初めて

印刷

2006年の大晦日のNHK紅白歌合戦に出場したテノール歌手・秋川雅史の「千の風になって」が、2007年1月22日付のオリコンシングルチャートで1位になった。クラシック系アーティストが首位になったのは初めてだ。この曲は06年5月に、アルバム「威風堂々」からシングルカットされて発売された。オリコン初登場は100位以下だったが、紅白出場が決まってから徐々に順位をあげ、紅白後に急上昇してついにトップに立った。

秋川はJ-CASTニュースの取材に対して、次のように話した。「CDを出したときは、一人でも多くの人に伝わればという想いだったので、1位という状況は本当に光栄です。紅白ではいろんな人から力をもらい、いつも以上にパワーがみなぎった状態で歌うことができたので、その集中力が多くの人に伝わったのかもしれません。この曲は究極のラブソングだと思います。決して暗い歌ではなく前向きな歌で、生きる希望がわいてくる歌です。今後もこの曲がより大きな広がりを見せていくように、120%の力を尽くして歌っていきたいと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中