逃げて、隠して、
偽って…

印刷

   店頭から、自販機から、消えていく商品。食中毒があった事実も隠蔽していた不二家・・・。

   この日の「とくダネ!」は洋菓子メーカー断罪の続報として、4年前に同社が全社員に向けて作成した冊子を取りあげて追い討ちをかけた。

   「不二家の行動規範」なる冊子で、モットーは「逃げず、隠さず、偽らず」―

   進行役の笠井信輔はここぞとばかり「逃げてますよね。隠してます。それに偽ってます」とカウンター・コメント。小倉智昭は「文書はただ作っただけだね」と締めくくった。

   ‘ペコリちゃん人形’藤井社長は厚生労働省におわびに出かけた昨日、見事に逃げきった。エレベーター前で待ち構える報道陣にスカを食わせたのだ。

   「しかもですよ」とノンフィクション作家の岩上安身。「店頭の貼り紙には、このたびはマスコミ報道で迷惑をかけたと書かれています。マスコミのせいにして反省がないんですよ」

   不二家にとって「逃げず、隠さず、偽らず」のモットーは禁止事項のようです。

「墓参りしなくても・・・」

   紅白で歌った秋川雅史の「千の風になって」がオリコンシングルチャートで1位。クラシック系アーティストの首位獲得は史上初の快挙だそうだ。

   ♪私のお墓の前で泣かないでください。そこには私はいません・・・

   同じマスコミでも新聞などは活字を並べるだけだが、テレビはプラス映像に音声という特性がある。つくづく思う。歌曲を流しながら話題できる  テレビというメディアは強力だなぁ。

   それはともかく、亡くなった人を追慕するこの歌曲のヒットに小倉智昭が珍しく的確な発言。

   「若い人がCDを買わなくなったけど、これは年配層が支持したんじゃないか」「可愛がっていたペットを悼んでという方も・・・」

   とどめの一発は「これを聴いたらお墓参りをしなくてもいい口実になる」つい笑ってしまった。

   法律上、この世に存在しない子どもがいる・・・。番組としては地味なテーマだが、思わず「あれまぁ」と見入ってしまった。民法772条によると、離婚してから300日以内に生まれた子どもは無理やり「別れた夫の子」にされてしまう。

   再婚した夫婦の実子でありながら、届け出ると戸籍上は「別れた夫の子」になる。だから戸籍のない子どもになってしまうという図式だ。いわば日本人でありながら不法滞在者扱いになる。 この法律はなんと100年ほど前にできた骨董品。DNA鑑定で確実に判定される時代だ。親はともかく子どもにペナルティを課すべきではないだろう!

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中