プロダクションの
事件と思っている?

印刷

    今朝のスパモニ特集は、『発掘!あるある大事典II』の捏造発掘の端緒をつくった週刊朝日の山口一臣編集長が生出演、取材の経緯を明かした。続報で独自色を出そうとの判断のようだが、関西テレビの不誠実な対応が浮き彫りになり成功だった。

    それによると「ダイエット関心があった取材記者が納豆が店頭から消えているのにビックリしたのが始まり。社会現象として取り上げようと取材に入ったが、納豆にダイエット効果の根拠が見当たらないので関西テレビに質問状を出した」。

   ところが同テレビからは木で鼻を括ったような回答だったために取材続行した結果、「捏造まではいかないが、やらせは間違いないとの心象を得、2度目の質問状を出したところ答えの代わりに突如記者会見になった」という。

   その記者会見も、自らホコリを出して“自首”という形を取ったことに、ゲストのジャーナリスト、鳥越俊太郎は「記者に追い詰められてという形は伏せて、書かれる前に発表した」と批判する。

   番組では後半で、関西テレビが昨日行った、放送打ち切りと役員・社員の処分をファックスによる文書のみの発表、記者会見拒否に触れた。渡辺宜嗣アナウンサーは「(関西テレビは)まさかプロダクションが起こした事件と思っているのではないでしょうね」と、今回ばかりは同業他社でも手厳しい。自分のミスは小さく、控えめにでは報道機関としての信用回復はムリだ。

「結果的に見ると、マニュフェストで選挙に勝ったと思う」

   「そのまんま東を続けることができるか、議会との対決はあるのか」をテーマで昨日、宮崎県知事に就任した東を追跡した。

   県庁職員への初顔見せで「裏金があったら今出して下さい」など訓示したり県議会議長と会談、夕方には鳥インフルエンザが再発生したりと多忙な一日だったようだが…。「議会との食い違いが出るのは間違いありません」と断言する副知事もいて、まさに暗雲。

   番組では、三重県知事の経験がある北川正恭・早稲田大学大学院教授が生出演し「結果的に見ると、マニュフェストで選挙に勝ったと思う。他の官僚OB候補は、マニュフェストの効果を知らなかったようだ。彼が訓示で、裏金は今出してほしいと最初に言ったのもよかった」と礼賛。

   オール野党という厚い壁に対処する方法として北川教授は「命がけで提示したマニュフェストを実行、間違えたら元に戻ればいいのです」とあたたかい助言を。さてそのまんま実行できるかどうか、長いマラソンは、スタートしたばかりだ。

    今朝は『検証リポート』として02年に長野県塩尻市で起きた男女死亡事件を扱った。同事件は、4年経った今も警察は無理心中と他殺の両面で捜査中としている。しかしリポートでは、亡くなった男性の知人で行方不明になっている男性をめぐって、複数の不審な点を探し出した。ツッコミ度は文句なしに合格点。一方、『発掘!あるある大事典』の続報では、前半と後半のバラバラな報道。番組最後に、今朝の主な新聞記事の紹介コーナーで、あるある大事典に出演していたタレント、志村けんのブログの「私たちも裏切られた」という言葉を紹介していたが、これらを含め一本にまとめる編集の工夫がほしい。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中