「外の世界をまったく見ないで暮してきたのでは…」

印刷

   東京・渋谷の兄による妹の遺体バラバラ事件、公表された両親の手記に触れた。異常な事件だけに、両親が気持ちの整理をするにはまだ時間が必要だろうが、手記を読む限り、殺された娘をなじる言葉だけ。

   殺してバラバラにした兄と被害者の妹を育ててきた両親の反省、思い、一体どういう家族だったのか、がどこにも見当たらない。ゲスト出演のコラムニスト、神足裕司も「この家族は、外の世界、世間のことをまったく見ないで暮してきたのでは.…」と訝っていたのには同感。

   手記は、無残な姿で殺された娘に対して「何故あの時、亜澄がご免なさいと兄に謝ってくれなっかったのか」と、なじる言葉が強調されていたのも気になる。神足は、解せないといった表情で「存命中の息子さんをおもんぱかってのことでしょうか…」とコメントしていた。普段は見えない、殺伐とした大都会・東京の影の一端が表に出たのか。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中