2018年 7月 19日 (木)

中日のコーチが
巨人にいくようなもの

印刷

   東国原・宮崎県知事が、初めて怒りを表した。

   昨日の記者会見で、選挙で戦った相手の持永哲志・元経産省課長(自民・公明推薦)を副知事にと考えていることに質問が集中したからだ。「宮崎に骨を埋めて死ねるかだ。彼は、しがらみがなければ能力はある。わたしのマニフェストを守ってもらえればいい」と。

   東国原知事の当面の課題は、オール野党の議会との関係だが、持永の父は持永和見代議士(宮崎3区)。経産省キャリアも財産だ。議会を納得させるものかもしれない。しかし、選挙で攻撃した相手を引き入れるという発想に、記者の方がついていけなかったらしい。

   評論家の宮崎哲弥は「一見矛盾しているようだが、うまいやり方だ」と肯定的なコメント。

   テリー伊藤も「知事は宮崎をよくするのが仕事だから、いいんですよ。一緒にやればいい」「中日のコーチがジャイアンツにいくようなもの」

   東国原知事、案外したたかな戦略家なのかもしれない。先が楽しみだ。

「柳沢さんは辞めないほうがいい」

   柳沢厚生労働相の「産む機械」発言が妙な展開になってきた。安倍首相も本人も昨日、辞任しない旨を確認したが、ライバルの民主党からも「辞めない方がいい」という見方が出てきたのだ。

   たしかに、このままなら国会でもずっと攻撃材料になることはたしかで、他にも閣僚をめぐる‘悪材料“はいろいろあるから、これらをチクチクと参院選まで持ち越すプラスはありそうだ。

   宮崎哲弥は例によってクールに「辞めないほうが(民主党にも)いい。金の問題でも、やりすぎると小沢の(事務所費で不動産取得)問題でやられる」と見る。

   テリーは「重箱の隅のような気がする。(厚労相の仕事では)地球温暖化だとか大きな問題が沢山あるのに、議論しない。その方がよっぽど不健康」といえば、宮崎も「社会保険庁とか年金もある」と。

   たしかにその通りだが、あの発言は面白すぎた。世界に流れたんだから。

   札幌の有名ジンギスカン店「だるま」の北朝鮮系の経営者らが昨日、1億7000万円の脱税容疑で逮捕。総連道本部も捜索を受けた。脱税した金が北へ送られた可能性もあると。加藤浩次と香山リカが「えー、あの店がぁ?」。兵庫では、在日朝鮮兵庫県商工会の経理室長が税理士法違反で逮捕。総連兵庫県本部も捜索された。何かが動いているような‥‥

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中