アニータはむちゃくちゃ人間らしい女だ

印刷

   このほど来日したアニータさん。日テレの「真相報道バンキシャ!」を始め、たくさんのテレビが「青森→山形→秋葉原」という彼女の大移動を追っかけた。

   元の旦那はさみしく山形の刑務所にいるのに、お金をふんだんにもらった女がピンシャンしている。それがなんとも不思議だった。特に、焼肉を食うところは妙に生々しくて、印象的だったな。

   彼女のやっていることは、普通の日本人の考え方からするとトンデモないことだろう。売名行為で来日しているわけだし、反省のカケラもないんだから。日本人の感性にはとてもなじまない。みんながペシャンコに言うのは当然だろうし、オレもけしからんとは思う。

   でもその一方で、「このアニータっていうのはムチャクチャ人間らしい女じゃないか」とも思ったんだよな。これほどお金とか、名誉とか、地位とかに赤裸々に取り組むなんて、実に人間らしいじゃないか。実は人間ってそういうもんじゃないか、と。

   これだけお金に執着して生きていて、それをムキ出しでさらけ出せる人間はなかなかいない。日本人だったらビビッてやらないことを平気でやっている。原始的というか、人間的というか、本能のおもむくままに生きている。ある意味、すごいヤツ。

   こんな女にはとても勝てないなぁ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中