TBS「楽天問題」 闇が深い

印刷

エレキ君

かの糸山英太郎氏が新年早々、自身のHPでテレビ東京に戦争継続宣言をしてた。

アドバ君

HPでは65才になる6月4日に全ての役職を退任することを明らかにしたが、テレ東の菅谷社長をまたまた批判、徹底的に戦うと書いていた。完全に天敵。

テレビ君

企業の経営者から年始の挨拶や年賀状をたくさん受けたが、テレビ東京 菅谷社長だけは年賀状の1枚も無い、余程挨拶が嫌いなのか非常識なのか?まったく変わった人だ。ただの変わり者なら放っておくが、テレビ東京の経営者が変わり者では放ってはおけない。株式価値を毀損する者とは決着をつけるそうだ。

プレス君

テレ東も嫌な人物に魅せられてしまった。同じように株を買い占められた日本航空では経営や役員人事などに介入され迷惑を蒙った。テレ東はメディアとして下手な手打ちもできないし、当面、静観するしかないか。沈黙は金。

エレキ君

民放局の株といえば、年明け、テレビ朝日がカナダの投資会社・マッケンジーグループに6.13%取得されたことが明らかになった。朝日新聞、東映に続く第3位の大株主に。防衛策はペン(朝日)と剣(東映)があるから大丈夫。

アドバ君

取得目的は「純投資」というが、テレ朝はかつてソフトバンクの孫さんと豪の マードックの買占めにあったことがあるだけに疑心暗鬼。これで、キー局で株式を大量取得されていないのは日本テレビだけ。氏家さん、大丈夫?

エレキ君

株と言えば、TBSと楽天の業務提携のほうはその後どうなっているの?

テレビ君

楽天が保有するTBS株(19%超)の取り扱いをめぐる両社の隔たりは大きく越年した。靴の卸売りチェーンABCマートの三木正浩会長がTBS株7.76%を取得したこともあって先行きの不透明感が増した。赤坂の闇は深い。

プレス君

TBSは楽天の保有するTBS株をTOB(公開買い付け)による買取の検討に入ったとか。株価は4千円前後と以前に比べ高水準で推移、現在の水準で買い取れば楽天には300億円を超える売却益が発生、TBSにも節税効果が生まれる。

アドバ君

楽天の三木谷会長は「一文なしになってもやる」とTBSとの経営統合に執心していたが、TBSの安定株主が60%になったのは想定外かはともかく痛い。いまの閉塞状況から抜け出したいが損は出したくないと三木谷ハムレット。

プレス君

TBSも楽天問題をいつまでも抱えているのは得策ではない。テレビ局でもっとも大事な局イメージに響いてくる。このところ、視聴率も好調だし、この勢いに乗って自社株TOBもなんて、テレビの番組のノリならありうる話だが…。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中