「ゴミに所有権ってあるのかい?」

印刷

   「テレビチャンピオン・ゴミ選手権」とでもいいましょうか。ワイドショーの定番のひとつにゴミ・マニア発見!がある。いつも目が点。感心?している場合ではないが「よくぞここまで」と目を疑う。

   この日の<ほっとけない>に登場したのは名古屋に近い蟹江町の住宅街のケース。‘所有権’と主張する72歳の男性の住まいは「愛知のゴミタワー」と命名されている。

   鉄パイプや浴槽といった廃材が不安定な状態で8メートルの高さのタワーに。傾いているから「ゴミの斜塔」ともいえる。危ない。

   スタジオにはリアルな「その一部」が持ち込まれた。‘ゴミ報道’も進化する。

   「これ、ご本人は所有物といっている。そんな!」とみのもんた。「ゴミに所有権ってあるのかい?こんな大バカ者はあっちこっちにいる」と苦言。しかし。

   迷惑に悩む住民たち・・には恐縮ですが、「ゴミタワー菜園」はおかしかった。ゴミ山の中腹にナス、トマト、キュウリ。苦笑まじりのゴミ問題でした。

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中