2018年 7月 19日 (木)

「狂気」だからこそ面白い「ぴったんこカン・カン」

印刷

   いま勢いがあるバラエティ番組といえば、火曜の夜にTBSでやってる「ぴったんこカン・カン」だろう。

   なかでも面白いのは、泉ピン子がバスガイドに扮していろんな町に行くコーナー。この前は、イタリアのベネチアに行くツアーをやっていた。ピン子はド派手なバスガイドで目を覆うほどなんだけど、そのグロテスクさに笑ってしまう。そこにある「狂気」が見ていておもしろいのだ。

   それから、丸山弁護士が冬のオホーツク海まで行って、赤フンで泳ぐという企画もよかったね。あいにく津波警報が出て、実際は泳げなかったんだけれど、すごく寒いところで赤フンになってがんばっていた。彼は弁護士なんだけど、ピン子と同じような狂気が感じられた。

   もともとこの番組は昔の「ぴったしカン・カン」の復活版ということで、クイズ番組のはずなんだが、いまやクイズは完全な添え物になってしまっている。スタジオでタレントがいろんな感想を言ったりするが、その存在感がまるでない番組だ。

   「狂気」の部分が圧倒している番組。これはすごい勢いだよ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中