2018年 7月 23日 (月)

「最低賃金が同じく保障はおかしい」

印刷

   野次と罵声の衆院予算委員会。「美しい国」の方向を決める論戦は、どうしてこんなに騒々しいんだろう。

   野党のエース級が登板した真っ向対決は、議論というより迫力たっぷりのがなり合いだ。その様子は新聞と違ってテレビだとわかりやすい。「おい、おい。今の野次は誰だ!」と凄む映像などは、役者の演技を超えている。怖い。すぐにでもドンパチが始まりそう。

   朝ズバッは、早朝から「昨日の続き」でわいわい。国会から河野太郎(自民)、岡崎トミ子(民主)が参戦してコメンテーターの岸井成格と論戦。例えば格差是正の問題。みのもんたが「野党は自民党とここが明確に違うという点を具体的に指摘していない」と切り込むと、河野太郎が待ってましたとばかり発言。

    「(所得が)下の人を上げるというなら、上の人を下ろせということになる」

   この意見にみのもんたが大賛同。「一生懸命働いた人と、努力しない人と最低賃金が同じく保障されるのはおかしいよ」・・・岡崎トミ子の反論の時間なし。話がかみ合わない以前に朝ワイドの限界を感じた。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中