「タタリでもう5、6人は死んでます」

印刷

   700年の歴史ある古寺、鎌倉の竹寺として知られている報国寺の「竹の庭」。本堂の裏手にある凛とした空気が漂う竹林には石仏や五輪塔がひっそりとたたずみ、禅寺特有の風情が感じられる。

   この竹林が無残にも落書きの無法地帯になっている。

   生きている竹にキズをつけて書かれた相合い傘、合格祈願、○○参上、天誅・・・。なかにはハングル文字もあった。すでに100本の竹が無残な状態になっている。

   「なんですか、これは。せっかくの鎌倉の景観が泣いてます」(みのもんた)

   「器物損壊罪である以前に、情けない」(嶌信彦)

   「無粋ですねぇ。タタリがきますよ」(木元教子)

   ―みのもんたはすかさず突っこんだ。「タタリでもう5、6人は死んでます」これが彼の芸風。

   それにしても。いったん竹がキズつくと修復が不可能という。朝ズバ!の警告 に◎。

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中