2018年 7月 20日 (金)

「タタリでもう5、6人は死んでます」

印刷

   700年の歴史ある古寺、鎌倉の竹寺として知られている報国寺の「竹の庭」。本堂の裏手にある凛とした空気が漂う竹林には石仏や五輪塔がひっそりとたたずみ、禅寺特有の風情が感じられる。

   この竹林が無残にも落書きの無法地帯になっている。

   生きている竹にキズをつけて書かれた相合い傘、合格祈願、○○参上、天誅・・・。なかにはハングル文字もあった。すでに100本の竹が無残な状態になっている。

   「なんですか、これは。せっかくの鎌倉の景観が泣いてます」(みのもんた)

   「器物損壊罪である以前に、情けない」(嶌信彦)

   「無粋ですねぇ。タタリがきますよ」(木元教子)

   ―みのもんたはすかさず突っこんだ。「タタリでもう5、6人は死んでます」これが彼の芸風。

   それにしても。いったん竹がキズつくと修復が不可能という。朝ズバ!の警告 に◎。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中