視聴者なめてんじゃないか「クイズ!年の差なんて」

印刷

   先週の火曜日はフジテレビで「クイズ!年の差なんて」のスペシャル番組をやっていた。

   「年の差なんて」といえば、20年くらい前に桂三枝と山田邦子が司会をしていた人気番組。芸能人がアダルトチームとヤングチームに分かれてクイズに答える。要するに、年齢ギャップを笑うクイズ番組だった。

   今回はその復活スペシャルで、司会は藤井隆とMEGUMI。「バブルへGO!」という肩書きがついていて、バブルを知ってる人と知らない人に分かれて対戦するという組み分けだった。若い人がいま現在をどう見ているのかと思って見たんだけれど、価値感の違いがあまり感じられなくて、ちょっと期待外れだったねぇ。

   このスペシャルは、「バブルへGO!」というフジテレビが作った映画のためのPRという色あいが濃厚の番組だった。動機がちょっと寒いというか、視聴者をなめてんじゃないかという気がして、もう一つ乗り切れなかった。

   昔の番組をもう1回やるというのは20年もたてばいいのかもしれないけれど、ちゃんと番組として成立するようにがんばってもらいたいなぁ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中