2018年 7月 19日 (木)

「おふくろさんが大変です」

印刷

   「おふくろさん」騒動が勃発した。森進一の持ち歌であるこの有名曲。作詞した川内康範は「おれの作品は歌わせない」と激怒。おろおろ当惑するばかりの森進一は「それは困ります」。

   ――原因はイントロ部分に、オリジナルにない歌詞を加えられていることだ。作詞家が会って文句をいおうとしたところ、森進一が体調不良を理由に逃げた。これが引き金になったようだ。「人間としても失格だ。法的手段も・・・」と老作詞家はファイティングポーズ。

   みのもんたはいつになく軽快だ。いまにも歌い出しそうなおしゃべり。「おふくろさんが大変なことになってます。わたしのオハコでもあります」

   ・・・歌は世につれ世は歌につれ、あの時聴いたあの一節、人にはそれぞれの思い出があるように、しみじみ思い出していただきましょう。さあ、森進一さんの絶唱「おふくろさん」です・・・

   朝ズバッ!が突然、司会みのもんたの歌謡ショーになった。朝ワイドは何でもあり。面白~い。

   この騒動は、いってみれば「あいさつを通す」「義理と人情」といった演歌の世界のもめごとだ。そこでさらに司会者ハイになったみのもんた。

   「何だったら、わたしが話をつけに行きましょうか」本日の笑い度☆☆☆☆☆

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中