2018年 7月 17日 (火)

「これって身勝手な殺犬罪だ」

印刷

   21日、札幌地裁で判決。懲役1年、執行猶予3年。罪名は窃盗と動物愛護法違反。みのもんたも愛犬家だそうだが、犯人の無職女(39)も愛犬家(兼犬泥棒)だったのだろう。

   判決によると、女は同区内のドラッグストアの店先につながれていたペットのフレンチブルドッグ(19万円相当)を連れ去った。愛犬「ももよ」を失った飼い主は悲しみで夜も眠れない。やっとのことで探し当てたのが3日後。

   飼い主も歩けば犬に当たる。そこはマンションだった。ところが発覚を恐れて女が突然6階のベランダから投げ落とした。犬には飛行能力がない。即死。

   「これひどいね。身勝手だよ。いうなれば殺犬罪だ」とみのもんた。・・・ところで判決には「愛犬を失った被害者の精神的苦痛は大きい」とあるが、これが野良犬だったらどうなるのか、少し興味がある。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中