2018年 7月 18日 (水)

あの子たちが何とか
しようと思える環境に

印刷

   4月からきびしい財政再建が始まる北海道・夕張市をルポ。市民たちもいま、前向きの姿勢が目立つ。縮小される市民総合病院は、予防医療に力を。夕張美術館など17の施設の存続のめどがたった。

   「ゆうばり・めろん城」は、元従業員だった飯田嘉明さんが会社をつくって買い取った。「くやしいじゃないですか、このままでは」「利益は市に落ちる。税収にもなる。夕張の生産者から仕入れる。夕張じゃないとだめなんです」という。

   支援もつづく。昨日からは、応援映画祭も始まった。日ハムが2軍戦を主催、大相撲が夏の巡業、亀田大毅が市民を招待、雪下ろし応援バスツアー‥‥そんななか、小学校で子どもたちに聞く。「夕張大好きな人」「ハーイ」と一斉に手をあげた。

   スタジオも一斉に声があがった。

   「あの子たちが、何とかしようと思える環境になればいい」(加藤浩次)
   「すごいしっかりした大人になる。夕張はすごくなると思う」(さかもと未明)
   「支援、善意はいつまでも続かない。魅力がないといけない。ものじゃないですよ」(テリー伊東)

「一般家庭に現金があると思うこと自体が幼稚」

   埼玉・本庄市の住宅地で、余生を送っていた老夫婦が惨殺された。

   2人とも鈍器のようなもので殴られ、血痕が天井まで飛び散る惨状。妻はなぜか手足を針金でしばられていた。室内は物色の跡があり、よく吠える飼い犬が吠えていない。ただ、犯行時間と思われる頃、犬が悲しそうな声で鳴いていたと――

   「金目当てだったら、そこまでしなくてもねぇ」と加藤浩次が嘆息した。テリー伊東は「一般家庭に現金なんかない。あると思うこと自体が幼稚ですよ」

   弁護士の八代英輝は「撲殺と針金が特徴。針金は中国人窃盗団がよく使うが、単なる物盗りになぜこの家かがわからない。顔見知りの可能性もある」とみる。

   テリーはなお「外国人がこんな田舎町へきて、金があると思うかなぁ」と、やはり首をかしげていた。

   この地区では空き巣の被害が多く、事件の直前、不審な白い車が目撃されていた。まあ、日本では車の大部分は白だから、あてにはならないのだが・・・・。

「スッキリ・ナビ」では関根麻里が、お台場ラーメン国技館で東京初出店のラーメン店を紹介。今日から日曜までの3日間、アクアシティーお台場3Fインフォ・センターで「スッキリを見た」といえば、毎日先着100名に1杯無料券が出るんだと。今から走れ!

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中