「ハゲタカ」 とんがっててNHKらしくないのがいい!

印刷

   先週土曜からNHKで始まった企業ドラマ「ハゲタカ」。外資のファンドが「日本を買い叩け!」とばかりに乗り込んできて、日本の銀行と対決する話なんだけど、なかなかテンポがよくて、緊張感があった。

   主演の大森南朋はなかなかおもしろそうなキャラだったし、ガンを克服した柴田恭兵がどんな演技をするのかも楽しみだ。

   このドラマがいいなと思ったのは、「NHKらしくない」ところ。NHKといえば「みなさまのNHK」だから、なんとなくま~るくやる傾向が強い。でも、この「ハゲタカ」はテンションが高くて、とんがっている。そこがとてもよかったな。和田勉時代が再来したのかな、と思ったよ。

   6回シリーズだけど、また見ようかなと思わせてくれた。今後の展開が楽しみだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中