(c)NHK    建築家の安藤忠雄はかつて、元サントリー会長の佐治敬三に大阪天保山の美術館の設計を依頼され、叱咤されながら完成にこぎ着けた思い出を持つ。その特色は上から押し付ける官僚型の文化ではなく、目利きの作る市民文化だったという。佐治は展示室のみならず、周辺環境にこだわり、出費や努力を惜しまなかった。これからの" /> (c)NHK    建築家の安藤忠雄はかつて、元サントリー会長の佐治敬三に大阪天保山の美術館の設計を依頼され、叱咤されながら完成にこぎ着けた思い出を持つ。その特色は上から押し付ける官僚型の文化ではなく、目利きの作る市民文化だったという。佐治は展示室のみならず、周辺環境にこだわり、出費や努力を惜しまなかった。これからの" property="og:description" />

「佐治敬三」 安藤忠雄が語る“ダンナ”の条件(私のこだわり人物伝)

教育/デジタル教育1 02月27日(火) 22:25 ~22:50

印刷

掲載終了

この記事は掲載期間が終了しました。
5秒後にトップページにジャンプします。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中