2020年 7月 10日 (金)

「佐治敬三」 安藤忠雄が語る"ダンナ"の条件(私のこだわり人物伝)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   建築家の安藤忠雄はかつて、元サントリー会長の佐治敬三に大阪天保山の美術館の設計を依頼され、叱咤されながら完成にこぎ着けた思い出を持つ。その特色は上から押し付ける官僚型の文化ではなく、目利きの作る市民文化だったという。佐治は展示室のみならず、周辺環境にこだわり、出費や努力を惜しまなかった。これからの企業を引っ張っていく者は、どのような意識で利益を得て、それを社会に還元すべきなのか。安藤と作家の堺屋太一が佐治の遺産である美術館で対談し、佐治を基点にした「現代旦那待望論」を展開する。

番組情報: 知るを楽しむ 私のこだわり人物伝
元サントリー会長・佐治敬三はお金の"儲け方と使い方"を知っていた人だった。企業経営者の倫理観が日々メディアをにぎわす今日、戦後、最も成功した事業 者の一人であると同時に、文化の支援者でもあった"最後の旦那"の精神を堺屋太一が語りおこし、これから求められる経済人の姿を探る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中