2020年 11月 29日 (日)

新婚・ミスターちん「本当は42歳で葬式だった」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「一言で言えばド素人」。後輩のくりぃむしちゅーから、いきなりダメ出しされた本日のゲスト、ミスターちん。映画「ウエスト・サイド・ストーリー」に憧れ、ダンサーを目指して上京。バイト先のショーパブで同僚のヒロミに誘われ、"まぐれ"でお笑いグループ「B-21スペシャル」の一員に。現在は「お宅訪問」などのリポーターとして"たまに"活躍中だ。

ミスターちんは62、3歳までに大金を残す。しかし、浮気がバレると奥さんに殺される。

   草食動物系のミスターちんを相手に、今日の細木数子先生はすっかりレイドバック、まるで居酒屋放談の趣だ。ちんがパブでダンスを踊っていたと聞けば「もの笑いだったでしょ」、B21での役割は「厄介者だった」「いてもいなくてもいい人」などと弄ぶ。「こんなにクソミソのゲストは初めて」と上田晋也も驚くほどだった。

   ミスターちんやタッキーにダンスの見本を示したり、悪ノリした有田哲平を叩いて「私をいじる番組じゃない。方向を間違えるな!」と怒ったり、今日も大忙しのセンセイ。なんでも「これは教育番組」なんだって。そうだったんだ。

   さてミスターちんは昨年、42歳で15歳年下の美人OLと結婚したそうだ。家事全般をこなし、「パンティーも小さくたためる」と自慢すると、「バカだね、コイツは」とお得意のセリフで褒め称えた。これが教育番組ねえ!?

   ソロになってからはすっかり仕事激減のミスターちん、今後の運命はいかに? 「そう簡単に答えるかよ」「ショック受けない?」と細木はジらす。さんざんタメておいて...「はい、おめでとう」ときた。「最高の結婚で命を拾った。本当は42歳で葬式だった」。間一髪だったようだ。

   将来については、「62,3歳まで大金を残す。子供もいい子でよく育つ」と満額回答。ただし、「浮気に注意しないと...バレると奥さんに殺されるよ」だってさ。

   まあ浮気しなきゃいいということで、クソミソに落とされっぱなしだったミスターちん、最後に肥溜めから浮かばれてよかった。帳尻が合いました。えっ? いえいえ、もちろんセンセイの鑑定は公平無私、番組構成上のバランスを気にしてアゲたなんてことは絶対ないと思いますよ、ハイ。

   さて、来週の細木数子は...見栄晴。ミスターちんの次は見栄晴って、なんかカブってるような。本日と似たような展開になるのかならないのか、センセイの手腕に期待しましょう!

大予言の的中確率35% 曇

   20年、30年先の話もいいけど、みなさん(ゲスト&視聴者)、もうちょっと短期的な予想が聞きたいんじゃないかと。今年どうとか来年こうなるとか。

※この確率はJ-CASTテレビウォッチの独断と偏見によるものです。
文   ボンド柳生| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中