2018年 5月 26日 (土)

「大家がこれじゃあ、なにを信じていいか」

印刷

   マンションの大家が居住者の部屋に合い鍵を使って侵入、現金を盗んでいたという事件が明るみにでた。

   どうもお金が減っていて、「おかしい」と思った被害者が監視カメラを設置。すると、大家が映っていたのである。「大家がこれじゃあ、なにを信じていいか」とみのが言うとおりだけど、この大家、被害者に野菜や果物などの差し入れを持ってきて、不在かどうかたしかめていたらしい。

   悪質である。大家を見たら泥棒と思え、ということか。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中