何やってくれ
るんですか?

印刷

   昨日、都知事選への出馬を表明した浅野史郎・前宮城県知事がナマ出演。会見で「オリンピックと違う。当然勝ちます」「ハートに火をつけた」と語った真意を、テリー伊藤らが問うた。

   恒例の10の質問への答えは――

   「石原都政では東京がだめになる」「民主党は応援さえしてくれればいい」「出馬で妻ともめた」「東国原宮崎県知事がうらやましい」「勝つ秘策がある」など8問に○。とくに最後の「わたしは真面目な人間だ」には、札をぐっと突きだした。

   あとは「オリンピックなんていらない」が○×、「出馬のタイミングを計っていた」が×という結果。

   テリーが聞いた。

   「何やってくれるんですか?」「都政への信頼が失われている、都職員の意気が下がっている、それと情報公開」
   「オリンピックが○×というのは?」「優先順位です」
   「どっちかに決めてほしい」「オリンピックは○。しかしほかにやることないかとなると×」

   江田けんじの「隠れ民主党というイメージを払拭できるか」には、

   「誤解がある。浅野の選挙は宮城で実証済み。東京でもそれをやる。都民一人ひとりが主役の選挙を実感してほしい」

   加藤浩次が「東国原知事がうらやましい?」「県議会が注目された。あれがいい」

   終わって、スタジオの拍手が珍しく大きく長く続いた。スタッフしかいないはずなのに。

「減刑の理由が納得できない」

   京都の学習塾で、6年生の女児(12)を殺害した塾講師の萩野裕(24)に、京都地裁が昨日、懲役18年をいいわたした。この判決に、女児の父親は「あまりにも刑が軽すぎる」と無念の思いを語った。

   公判では「バカにされた。女児が剣をもって襲ってくる(妄想)ので、防ぐために殺した」などといっていたが、判決は責任能力ありとした。求刑は無期懲役だったが、判決は「あまりにも残忍きわめて悪質」といいながら、「犯行時、精神病のような状態」「110番通報で自首が成立」とした。

   テリー伊藤は「人を刺すなんてみな心が病んでますよ。それを減刑の理由にしたのがわからない。アスペルガー症候群の人がみんな人を刺すわけじゃない。納得できない」と怒った。

   医師のおおたわ史絵が、アスペルガー症候群を説明したが、「妄想はない。妄想がもし本当なら診断自体が疑わしい」と。

   テリーはさらに「量刑の最初のハードルが低すぎる。無期からスタートしないと」と怒りはおさまらず。ここはデリケートなところだ。

皇后陛下が、腸からの出血などで静養される。精神的なものとも。テリーがマスコミにかみついた。「いまの皇室報道はむちゃくちゃ。意味のない中傷ばかり。こんなことでいいのか」。その記事が、読まれているのもまた、現実だ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中