2018年 7月 23日 (月)

元フジ「山中秀樹」 使いっ走りじゃ、せつないよ

印刷

   日曜の午前中にTBSでやっている「サンデー・ジャポン」に、フジテレビのアナウンサーだった山中秀樹が出ている。肩書きは「ジャーナリスト」。いまは「東国原知事担当」ということで、宮崎に行って東に直撃取材をしたり、宮崎の観光地のPRなんかのレポーターをやっている。

   彼は今年からフリーになって、爆笑問題と同じ「タイタン」という事務所に入った。いまは爆笑問題のコネで番組に出ている感じで、使いっ走りみたいな扱いだ。

   ゼロからのスタートを切ったわけだから、何をやってもいいんだけど、フジで部長までやった人が駆け出しの芸能レポーターと同じようなことをしているのを見ると、「貧乏くさいぞ!」と思ってしまう。

   必死でがんばっているのはよくわかるが、そこまでやらなくても……。オレも山中と同じ、フジの途中退社組だから、なんだかせつないんだよね。

   マジメな局アナというイメージを崩すべく、芸人と同じようなことをやっているんだろうけど、はっきりいってキャラにあってない。やっぱり局アナと芸人は違うんだよな。芸人は自分を目立たせるためにどこまでも走っていくけど、局アナはそうじゃない。結局、温室育ちなんだ。

   山中も、もっと違う角度の自分を出せばいいと思うのだが、いかがなものだろうか?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中