石原真理子はホント
とんちんかんな女だね

印刷

   “お騒がせ”の石原真理子(43)が、アメリカでストーカー行為で実刑を食らっていた、とスポーツ紙が報じた。本人も昨日、インタビューに応じたが、さっぱりわけがわからない。

   最初は97年、ミュージシャンの男性に30通も手紙を書いたが、なかに書いた覚えのない「I wanna kill you(殺したい)」という文言があって、180日間の保護観察処分??

   次が03年。別のミュージシャンとの不倫騒動で、30日間の接触禁止。それを1日早く破ったので禁止が1年間に。その間に“偶然”会っちゃったので、逮捕され125日間服役したのだと。しかも「ストーカーした覚えはない」というのだから、まったく理屈になってない。

   テリー伊藤は「ホント、とんちんかんな女だね。相手の心を読みとる能力、まったくない」とバッサリだ。

   勝谷誠彦は、レポーターの阿部祐二に「アメリカへいってきなさい」といったが、加藤浩次は「行くほどのことじゃないでしょう」で大笑い。

   こんな話、聞いてる方だってつらいよ。

  「86.4%は視聴率だったらすごいよ」

   「なんとか還元水」で「流行語大賞」にノミネート?といわれる松岡利勝農水相。要は、議員会館に事務所を置く資金管理団体が、年507万円の光熱費を収支報告書に載せていたら、「議員会館の光熱費はただのはず」と追及された。そのいいわけで飛び出した言葉だ。

   さっそくテレビカメラが議員会館をのぞき込む。民主党議員までがぞろぞろと松岡事務所におしかけて、「浄水器はなかった」とか。ことの本質が水道代なんかじゃないとわかっているのだから、みんなホント人が悪い。当の松岡大臣は「適切に報告している」の一点張りだ。

   勝谷誠彦が「この答弁の頭の悪さは、大臣失格。そのうえで犯罪性がある。光熱費名目で作った裏金はどこへいったかだ」といったが、ここがポイントだ。

   日本テレビの調査で、松岡答弁が「適切でない」は86.4%、「適切」が6.8%。テリー伊藤は「86.4%は視聴率だったらすごいよ」といったので、スタジオは大爆笑。

   ボクは、「適切」と答えた6.8%の方が気になるんだが‥‥。

森進一が、福岡・飯塚市でコンサートを開いた。ファンと一緒に「赤とんぼ」を歌って涙を流したとか。森の人気の秘密はここにある。テリーは「おふくろさんは封印するんじゃなくて、川内康範さんに返した方がいい。返したら男だ」と。「おふくろさん」は美空ひばりはじめ、6人もが歌ってたんだね。知らなかった。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中