2018年 7月 19日 (木)

「勉強してから出てきてほしい」

印刷

   都知事選への立候補がいわれていた弁護士の丸山和也氏が、結局立候補しないと文書で表明した。「都知事選挙を勉強してみようという目的は達した」「現実には解決困難な問題もあり」と、述べている。

   バラエティーやワイド番組でこのところ弁護士が重宝されているが、なかでも独特の無頼なムードで人気だった丸山氏だが、知事選の話ではだれもが「エッ」と思ったはず。

   テリー伊藤は手厳しい。「こんな人に知事になってもらいたくないな。本気だったら、もうすこし準備してからやってもらいたい。言ってることは、飲み屋のおっつあんと変わらない」

   宮崎哲弥も、「収録済みの番組が使えなくなっちゃうんだから、弁護士ならそのくらいは」。

   「いや、出るんならいいんですよ。勉強になった、って、勉強してから出てきてほしい」(テリー)

   プロもホッとしたろう。彼が出てたら、ますます票が読みにくかっただろうから。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中