2018年 5月 28日 (月)

「隠されてたらイヤですね」

印刷

    お客に出したカレー、じつはネズミ入りの鍋で煮込んだものだった。そんな衝撃的な事件が、JR新小岩駅構内の軽食そば屋で発生したらしい。

   運営会社の「日本レストランエンタプライズ」は、この事実をすみやかに公表し、再発防止策やお客様への対応などを盛り込んだ。

   不祥事はとにかく素早く認めて公表するに限るようだ。案の定、みのもんたをはじめスタジオはこの対応に高評価を与えた。「隠されてたらイヤですね」とみのは言うが、ネズミ入りのカレーを食べていたことを後で知らされるのもイヤなことには違いない。

   保健所が言うところでは、ネズミには菌がいることもあるが、相当時間、高温加熱しているので衛生的には大丈夫だそうである。18人の客が食べて、とくに異常を訴えなかったということだから、味も問題ないのだろうか。そのあたり、客13人がすでに特定されているというのに、インタビュー等がなかったのは残念だ。 ネズミの出汁で、いつものカレーよりおいしくなってたりして!?

 
文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中