2018年 7月 22日 (日)

松岡農水相、お前はテレビをなめてるんじゃないか?

印刷

   松岡利勝農水相。今いろんなところでバッシングされているが、彼をみていて思うのは、「こいつ、テレビをなめてるんじゃないか?」ということだ。テレビの怖さがわかってないのだ。

   テレビは「イメージ」を伝えるメディアだ。イメージしか伝えないと言ってもいい。視聴者はテレビに出てくる人をちょっと見ただけで、瞬間的に評価してしまう。そして、一度ジャッジされるとその評価を変えるのはとても難しい。そういう怖いメディアだ。

   ところが、松岡さんはテレビに出てくるとき、目が泳いでいて、もたもたしている。カメラに目を向けずに、歯切れが悪いことしか言わない。だから「絶対ウソをついているに違いない」と思われてしまう。あとは何をいってもマイナスにとられるだけ。そういう悪いパターンにはまっている。

   特に政治家の場合は「いさぎよいかどうか」が問われるんだが、彼はいさぎよさからはもっとも縁遠い人。感じられるのは「逃げてる」「粘ってる」という印象ばかりだ。一番やっちゃいけないことをやっている。テレビに対するセンスがなさすぎるんだよな。

   そういう意味では、松岡さんをどうにもできない安倍首相も、イメージが大切だという感性が乏しい気がする。このまま放っておくと、安倍政権や自民党のイメージもどんどんにマイナスに引っ張られていってしまうということが分かっていない。そういうことを小泉さんに習えばよかったのに……

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中