松岡農水相、お前はテレビをなめてるんじゃないか?

印刷

   松岡利勝農水相。今いろんなところでバッシングされているが、彼をみていて思うのは、「こいつ、テレビをなめてるんじゃないか?」ということだ。テレビの怖さがわかってないのだ。

   テレビは「イメージ」を伝えるメディアだ。イメージしか伝えないと言ってもいい。視聴者はテレビに出てくる人をちょっと見ただけで、瞬間的に評価してしまう。そして、一度ジャッジされるとその評価を変えるのはとても難しい。そういう怖いメディアだ。

   ところが、松岡さんはテレビに出てくるとき、目が泳いでいて、もたもたしている。カメラに目を向けずに、歯切れが悪いことしか言わない。だから「絶対ウソをついているに違いない」と思われてしまう。あとは何をいってもマイナスにとられるだけ。そういう悪いパターンにはまっている。

   特に政治家の場合は「いさぎよいかどうか」が問われるんだが、彼はいさぎよさからはもっとも縁遠い人。感じられるのは「逃げてる」「粘ってる」という印象ばかりだ。一番やっちゃいけないことをやっている。テレビに対するセンスがなさすぎるんだよな。

   そういう意味では、松岡さんをどうにもできない安倍首相も、イメージが大切だという感性が乏しい気がする。このまま放っておくと、安倍政権や自民党のイメージもどんどんにマイナスに引っ張られていってしまうということが分かっていない。そういうことを小泉さんに習えばよかったのに……

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中