「気象庁相手に訴訟を起こすか」

印刷

   桜の開花予想をめぐって気象庁が前代未聞のミスをおかした。昨日の会見で静岡、高松、松山の3市と東京都心で予想に誤りがあったことを明らかにした。

   原因は昨年9月以降の気温データのプログラムミスだという。再計算の結果、静岡が13日を19日、高松が17日を26日、松山が17日を23日、東京都心が18日を21日と、3日から9日遅くなった。

   ただ、気象庁にとって“僥倖”だったのは、開花が遅れるのも当然という程の寒波到来。

   気象庁はこれに救われたのでは?と思いきや、おさまらないのは『とくだネ!』メンバー。13日には、「日本一早い静岡で、開花の瞬間中継を」と張り切って、かなりのスタッフや中継車を出動させたが、ものの見事に外れ

   小倉は「気象庁相手に提訴を起こすか」と、半ば本気ともジョークとも取れるコメントを。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中