滝川クリステルの「モナリザ」ポーズに賛否両論

印刷

   フジテレビニュースJAPAN」のキャスターをつとめる滝川クリステルの「モナリザ」ポーズの是非が同局の番組審議会で話題にのぼった。2007年3月15日付の産経新聞によると、14日に開かれた番組審議会で「ニュースJAPAN」が取り上げられた。体が正面を向かず、斜めに構えた滝川のポーズには賛否両論があった。このポーズは「彼女がもっとも美しく見える角度」と言われているが、「普通のキャスターと違う座り方なので違和感がある」との声も出ている。
   滝川クリステルと大学で同じクラスだった会社員男性(28)は「大学のときはあんな座り方はしていませんでしたね(笑)。彼女はしゃべり上手なほうではなかったので、あまりしゃべらなくてもいいように、ああいう演出をしているんじゃないでしょうか。まあ、あのポーズを気にしているのは熱狂的なファンだけだと思いますけど」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中