2018年 7月 23日 (月)

「彼はその場その場で一生懸命闘った」

印刷

   少し気が引けるが、もう一つ『人の死』にまつわる話。今朝の『温故知人』で、昨年6月に55歳で急死したラガーマンであり、バンカーだった宿沢明弘さんを取り上げた。

   ラガーマンとしての宿沢は、160センチの小兵ながら埼玉・熊谷高―早大でSHとして活躍し、日本代表キャップ3。日本代表監督時代の第2回W杯ではジンバブエを破り初勝利に導いた。その後、三井住友銀行に入行し、バンカーに転進。外為ディーラーなどを経て、最後は専務に上り詰めた人だった。

   番組では、ラガーからバンカーに転進した宿沢の切り替えの見事さについて、『キリカエ力』をキーワードに紹介したが、ゲストコメンテータのニューズウイーク日本語版編集長、竹田圭吾はこのキーワードに疑問を呈した。

   「こんなにスパスパと切り替えられたのではなかったはず。彼はその場その場で、一生懸命闘ったのだと思う」。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中