2018年 7月 20日 (金)

「普通、多数決でどっちになりますか」

印刷

   日本プロ野球はまるでつぶれかけた会社を思わせる。無能な経営陣と要求ばかりの労働組合――。世間から批判を受けてる、不正の元をさっさとただすこともできない。

   ドラフト問題のニュースで、みのが手にしたフリップには、「希望入団枠、今年から撤廃に各球団は!?」。ほぼすべての球団が原則賛成のなか、巨人1球団だけが反対だ。

   「普通、多数決でどっちになりますか」とみの。10:1の1が巨人なら、それが通ってしまうのが永久に不滅で伝統あるプロ野球なのだ。

   こういうときにリーダーシップを取るべきなのがコミッショナー。ところが、「世間の風に流されるな」と巨人を支持。もし、1球団が広島でも答えは同じだったのかなあ。プロ野球にはまだまだ巨人の風が吹いているようだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中