2018年 5月 22日 (火)

「19歳でベテランですもんね」

印刷

   安藤美姫が笑った。本当に久しぶりの笑顔。昨年のトリノ五輪以来、故障と精神的なプレッシャーから成績も振るわず、いつも暗い表情だった。それが、世界選手権の大舞台でのびのびと滑った。若い浅田真央、キム・ヨナと較べても“大人の”風格。19歳という字幕を見て「エッ」と思うほどだった。

   解説で登場した渡部絵美は「アジア人がトップ3人というのが凄い」と感嘆しきり。安藤の勝因を「真央ちゃんが5位にいたのが大きい。でも19歳といえばベテランですからねぇ」といったが、テリーが「19歳でベテランですもんね」

   勝谷は「冬のスポーツはヨーロッパの文化というなかで、アジア人がとったのは凄い」。加藤も「素人目で見ても3人が抜けていた」。

   加藤はさらに「バンクーバーだと安藤が22歳、浅田が19歳。年齢的にはどっちが?」と聞いた。渡部が「まだサプライズが1人います。若い選手がまだまだ」といえば、テリーも「渡部絵美さんもあの頃は――」と冷やかす。

   そういえば絵美さん、いつまでも若いね。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中