2018年 7月 23日 (月)

「鈴花ちゃん ホントに可愛いね」

印刷

   東京・東大和市の青木鈴花ちゃん(6)が昨日保育園を卒園した。のどの障害で定期的にタンや唾液を吸引する必要があるために、「責任が持てない」と保育園が入園を拒否したのを、両親が裁判に訴え、昨年入園が認められていた。4月からは、公立小学校へ入学する。

   卒園式では、嬉しそうに卒園証書をかざして「大きくなったら看護婦さんになりたいです」。裁判で入園が認められた時の映像もたっぷりある。まさにテレビならでは。

   加藤浩次が「鈴花ちゃん、ホントに可愛いね。ずいぶん成長した」といえば、テリー伊藤も「保育園へ行って楽しかったという言葉、印象的だよね。同じ世代の子どもとコミュニケーションとれるし」

   宮崎哲弥は「まわりの子にも、いいんだよ。ハンディキャップのある子がいた方が」

   こういう話は、活字メディアでは手も足も出ない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中