「オリジナルカクテル一杯180万円」

印刷

   六本木ヒルズが東京の新名所になったのがつい昨日のことのようでじつは4年前だったりするのだけれど、そんな六本木に新・新名所が本日、オープンした。

   旧防衛庁跡地に誕生する「東京ミッドタウン」はオフィスや、商業施設、美術館、レジデンスなどから成る。要するに「街」機能がぜんぶ備わってるのだ。メイン・ビルヂングは、地上54階建ての高さ248メートル。六本木ヒルズのそれと同じ階数だが、高さでは10m上回っていて、ハナ差で都内一位だ。

   このビルの上層では老舗ホテルチェーンの「リッツ・カールトン」が高級ホテルを開業した。日本の98~99%を占める貧困層は相手にしない方針だというから、「なんと言っても気になるのはお値段」(みのもんた)。

   そこで、フリップを持ったみのが「宿泊費6万8250円~210万円」、「フィットネス(&スパ)クラブに入会するのに700万円」とオドロキの価格をご紹介する。そしてなあんと…「オリジナルカクテル、(最高)一杯180万円」。これには「なんでなんで!?」「どんなカクテルだ?」とスタジオは騒然。

   しかし、その場では詳細がわからず、番組スタッフが確認(取材不足)し、後にみのが伝えたところによると、このカクテル、グラスのなかに1カラットのダイヤ入り。お持ち帰りOK。みのは「ティッシュでくるんで持ち帰っていいそうです」と笑わせたが、ウェイターにドギー・バッグを頼むのが正しいマナーだろう。

   プロポーズなどのスペシャル・オケージョンにいかが? ということらしい。80年代のトレンデードラマを地で行きたい億万長者なアナタにオススメ!

   ついでにダイヤなしのカクテルのお値段も知りたくなくはなかったような感じだったのだけれど、今日の番組は不親切だった。もしジン・トニック一杯が1万円もする暴力バーなら、相手にしませんが…。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中