2018年 5月 22日 (火)

「「1、2%の富裕層を」は挑戦的だね」

印刷

   午前11時にオープンする東京ミッドタウンの様子を午前8時に流すのは苦しい。しかも雨の中、周囲のサクラは咲いているが、人影もまばら。カメラも簡便型で映像も冴えない。結局、事前取材のビデオがメインだったが、その内容は――

   レポーターの海附雅美はまず、リッツ・カールトンの120平米、1泊18万9000円のスイートへ。「シャンプーから全部ブルガリ」。最高は1泊210万円だそうだが、これは取材できず。支配人は「1、2%の富裕層がターゲットだ」という。ちなみに最低が1泊6万8250円とか。

   オフィスフロアではITのUSENが6フロアを占める。家賃は?「ノーコメント」。ほかに1カ月単位の賃貸アパート、月260万円。チョコレート1粒2100円とか。店舗は130、スーパーもある、などなど。

   「1、2%の富裕層を、は挑戦的だね」とテリー伊藤がいうと、さかもと未明が「挑戦受けます。スイートに1人で」。「やめてよ」とかとうかず子。テリーの「210万円?」に「いえ、18万の方」

   「4万円超えると高い。ディズニーランドは1万円で1日遊べるんだから」(八代英輝)

   テリーは「アジアの人が来るかもしれない。金の使い方が違いますからね」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中