「問題企業の新入社員にはチャンス」

印刷

   <75万人の入社式!2007新入社員の爆笑主張>この日のスッキリ!!の目玉情報だ。

   昨月曜日はニホン列島各地で入社式。75万人の新社会人が衣服を新調して目を輝かせてセレモニーにのぞんだ。地震被害の輪島市では作業着スタイルだった。

   アピール・ポイントは?とマイクを向けると「オペラ絶唱」「たけしのモノマネ」「屈伸男」などの飲み会の一芸レベル<失笑問題>・・・なかには初仕事は花見の場所取り!がいた。

   4年連続の求人増とあって、初任給は1000円~2000円UP。宮崎哲弥が独特の口調で「ことしは売り手市場。春です」いう。

   「彼らのお兄さんお姉さんは谷間の世代だったんですが、ことしは信じられない現象が起こっています。人手不足で中小企業が倒産の危機も・・・」

   「同感」とテリー伊藤。不二家、JAL、郵政公社などに入社する新人は有利だという。

   「問題企業の新入社員にとって、これはチャンスです。きびしいスタートこそチャンスの可能性がある。いいところに行くと、どれだけ活躍しても弾き飛ばされます」

   あくまでも本人の努力次第だろうが、とりわけ逆境からの出発組に応援するスッキリ!!だった。 

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中