「われわれも当事者になりうるんだ」

印刷

   関西テレビの「あるある大辞典」ねつ造騒動が昨日で一区切り。千草宗一郎社長が辞任し、フジ系列は1時間の検証番組「私たちは何を間違えたのか」を放送した。

   なかで、下請けディレクターの話があった。「番組を面白くしたいと‥‥がんばり方を間違えた」「人間性、モラル‥‥環境なのか」。そう、最後に出た「環境」こそが、本音。テレビをその程度のものと思っている点なのだ。千草社長の反省の弁「公共の電波を使っているという自覚に欠けていた」というのは、上から下まで、というべき。

   キー局フジの責任もある。小倉智昭は「同じ系列の看板番組のことでもあり、当初わたしもきびしいことをいい、われわれも気をつけないといけないといったら、新聞になぜただ謝らないんだと書かれてショックを受けました。われわれも当事者になりうるんだと」といったが、ああ、やっぱり、はじめは当事者だと思っていなかったんだね。

   さらに「100%事実を伝えることはむずかしい」ともいったが、高木美保は「ちゃんとがんばってる人もいる。視聴者にきびしく見てもらいたい」

   この問題で民放連は関西テレビを除名にしたが、一番ハラハラしているのは、除名を決めた各社の社長たちだろう。再発も心配だが、いま何か出てくることもありうるのだから。

   にしても、笠井信輔のまとめはどうしていつもせわしないのだろう。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中