テレビ東京、捏造防止策を発表

印刷

   テレビ東京の2007年1月放送の健康情報番組で捏造があったことを受け、テレビ東京はこのほど再発防止策を発表した。健康情報番組については、これまでは企画段階でだけ専門家の監修を受けていたが、収録・編集後にも監修を受ける「ダブルチェック体制」とする。また、プロデューサー以外の者が番組の内容をチェックする組織を新たに設ける。さらに、番組制作ハンドブックの内容を厳格にするとともに、現場のディレクターを中心にした研修会を定期的に開き、ルールの徹底を図る。

   テレビ東京は、2007年1月6日に放送した特別番組「今年こそキレイになってやる! 正月太り解消大作戦」で、ヨガで血流が良くなったタレントの指先の毛細血管の映像だとしながら、番組スタッフの血管を映していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中