(c)NHK    昭和35年「10年で月給が倍になる」のキャッチフレーズで、総理大臣・池田勇人が打ち出した「国民所得倍増計画」。この計画の生みの親が大蔵省出身のエコノミスト下村治である。下村は貧しいがゆえに日本人は戦争へ突き進んでしまったとの歴史観から、貧困からの脱却を己の使命とする。しかし、朝鮮特需によって戦後復" /> (c)NHK    昭和35年「10年で月給が倍になる」のキャッチフレーズで、総理大臣・池田勇人が打ち出した「国民所得倍増計画」。この計画の生みの親が大蔵省出身のエコノミスト下村治である。下村は貧しいがゆえに日本人は戦争へ突き進んでしまったとの歴史観から、貧困からの脱却を己の使命とする。しかし、朝鮮特需によって戦後復" property="og:description" />

所得倍増の夢を追え(その時 歴史が動いた)

総合/デジタル総合 04月11日(水) 22:00 ~22:45

印刷

掲載終了

この記事は掲載期間が終了しました。
5秒後にトップページにジャンプします。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中