2018年 7月 19日 (木)

「惜しかったですね黒川さん」

印刷

   世界的な建築家?どこが?テレビ画面では正体不明。

   都知事選でハデハデに「大露出」した黒川紀章氏がスッキリ!!のスタジオに生出演。朝のワイドショーというテレビ番組は「何でもあり」、時にはきわどい色モノになることを実感させてくれた。

   これもカッコつけたのだろう。「余裕だよ」とぎりぎりにスタジオ入りした前候補者。「惜しかったですね~黒川さん」とテレビ芸人・テリー伊藤が迎え入れる。

   ケタ違いの金銭感覚に加えて、奇想の大風呂敷を広げてもらいましょう・・・テレビ局としては<出演=お笑いショータイム>を期待したようだが・・・笑えなかった。むしろホホがひきつってしまった。 違和感の頂点は<朝8時44分の‘銀座の恋の物語’>。

   「やりますか?」といって堂々とスタジオでカラオケをやってしまった。しかも。「意味がわからない」と当惑するばかりの阿部哲子アナにマイクを握らせてのデュエット。

   ・・・これってホントに朝の番組なの?女子アナはホステス?

   「ビールを飲むともう少しウマイけどね。あー、これで目が覚めた」ごきげんの黒川さん。

   数百億単位で稼ぎ、浪費する「壮大な自己顕示」は、庶民感覚とは「壮大なズレ」がある。都知事選に立候補することで話題を演出して、テレビ・メディアで遊んでいるという印象を強く感じた。

   と同時にテレビ・メディアは「お遊び」の場を提供している。ヘンだ。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中