2018年 6月 18日 (月)

ふてぶてしい江守徹と中尾彬、おからだ大切に

印刷

   江守徹と中尾彬のオヤジコンビがそろって体調を崩している。江守さんは2月に軽い脳梗塞で入院し、新国立劇場の芝居の出演をとりやめた。中尾さんのほうは、3月末に急性肺炎で病院に運ばれた。

   二人とも60歳代だけど、見てくれはとても若々しい。さまざまなバラエティに出て、グルメぶりを発揮したり、うんちくを傾けたりして大活躍。二人でヤマサ昆布つゆのCMに出ていたりするから“コンビ”という印象が強いんだよな。

   共通点は妙に態度がでかくて、ふてぶてしいこと。そこが面白い。こういうヘンなオヤジは大好きだ。しかも状況に応じてコロッと態度を変えることができるから、テレビタレントとして重宝されるわけだ。

   もちろん芝居もうまくて、洋風も和風もどっちもこなすことができる。こういう芝居もちゃんとやれば、軽くテレビにも出て遊べる洒脱なオールラウンドプレイヤーというのはそうそう出てこない。

   だから江守さんも中尾さんも、これからはもう少し酒をひかえ、食い物にも気をつけて、体を大切にしてほしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中